半減期とはなにか?

 

放射性物質が持っている放射線を出す能力が半分になる期間のこと。

例えば、半減期8日の「ヨウ素131」は16日経過したとき、ゼロになるのではなく、25%になります。
「セシウム134」は2018年3月の時点で、半減期(2.06年)が3回経過しているため、事故当時の半分の半分の半分以下になっており、測定が段々難しくなっています。