放射能の「単位」(キュリー・ベクレル・グレイ)

 

昔は「キュリー」という単位が使われていましたが、チェルノブイリの事故以降あたりから、
「ベクレル」がつかわれるようになりました。  ちなみに、1キュリーは370億ベクレルです。
他にも、以前の「ラド」という単位が「グレイ」となっていますが、今でも作業現場などでは使われることもあります。
参考のために、表を掲載いたします。