「ベクレル」と「シーベルト」の違い

 

放射性物質が放射線を出す能力をあらわす単位が「ベクレル」、
人が放射線を受けた時の影響をあらわす単位が「シーベルト」です。

•ベクレル(Bq): 放射性物質は一個こわれるたびに アルファ線かベーター線が原子核から一個飛び出し、多くの場合同時にガンマ線も出します。
1秒間に1個ずつこわれる放射性物質の放射能量(強さ)を1ベクレル(1Bq)と言います。

•シーベルト(Sv):同じ量の放射線が身体に当たっても放射線の種類によって、また身体の部位によって与える影響は違います。
その影響の大きさを考えに入れた放射線の単位をシーベルト(Sv)と言います。