「複合汚染2.0」の時代を 
生き延びるための1冊 
「図説17都県放射能測定マップ+読み解き集」増補版 
4月6日販売開始

発行から1年4ヶ月 
「こういう本が欲しかった!」の大反響につき増補版を発行!
一番売れている、放射能本
「放射能汚染をなかったことにさせない!」の思いで
4,000人の市民が協力して調べ、作り上げた市民のためのデータ+解説集です。
◆メディア掲載については、ページ下方にご案内がございます

原発事故から10年目
今もなお、「原子力緊急事態宣言」発令中の
日本に暮らす人々へ

「政府がやらないなら市民の力で測ろう」が生んだ
市民による真実のデータ集 2020年4月大幅増補!

1986年のチェルノブイリ事故後、ロシア、ウクライナ、ベラルーシの三カ国が主導で詳細な土壌汚染地図が作成され、人々の生活の指針や、避難や補償の基準となりました。

しかし日本では、3.11の福島原発事故後、そうした地図が作られませんでした。

そこで各地の放射能測定ネットワーク「みんなのデータサイト」が、調査期間約3年間、17都県にわたり自分たちの手で採取・測定を行い、3,400ヶ所を超える採取地点の詳細な放射能汚染地図を完成させました。さらに食べ物・環境・放射能の基礎知識など様々な情報を盛り込み2018年11月に初版を発売。

その後5刷を重ね、1年。発売後に得られた新たな知見や読者からの要望をもとに、みんなのデータサイトの参加測定室や、行政や研究者などの専門機関が調査した最新データを多数解析に用い、いま、みなさまに改めてお伝えしたいことをまとめました。

■増補版で書き換えた場所および追加記事

  ・2020年の東日本全体の土壌放射能推定値の地図

  ・原発事故前2010年の日本全国の土壌放射能の値

  ・2020年3月現在の小児甲状腺癌の発症状況

  ・2019年の台風19号における水害土壌調査

  ・高汚染エリアにおける土壌汚染と大気浮遊塵の関係

  ・激甚汚染エリアからの放射能流出の見通し

  ・食品、土壌、空間線量の基準について

仕様:A4版 232ページ 2,860円(税込)ISBN 978-4-9910427-2-0
発行:みんなのデータサイト出版

海外からのご要望にお応えして、
英語ダイジェスト版 2019年9月 ついに発行!

Citizens' Radiation Data Map of Japan

海外から「英語では読めないのですか?」という多くのお問い合わせをいただいていたため、英語版の発行に踏み切りました。
16ページのダイジェスト版です。

  • なぜ、国ではなく市民が このような大規模な土壌放射能汚染調査を行わねばならなかったのか?の理由
  • 土壌プロジェクトの手法
  • 17都県の土壌汚染状況 2011年、2020年、100年後までの推計マップ
  • 2010年の原発事故以前の 47都道府県の土壌のセシウム137の値一覧

仕様:A4版 16ページ 550円(税込)ISBN 978-4-9910427-1-3
発行:みんなのデータサイト出版

About English Digest Book 英語版の紹介を英語で読む

購入方法

1各地の測定室で購入する

マップ集 取り扱い測定室一覧 日本語版のみ

各地の測定室で直売しております。

2書店で注文して購入する

全国の書店で在庫あり、または注文ができます。下記情報をお近くの書店にお伝えください。

「図説」17都県放射能測定マップ+読み解き集 増補版 日本語版
ISBN 978-4-9910427-2-0
みんなのデータサイト出版
本体価格:2860円(税込)
Citizens' Data Map of Japan 英語版
ISBN 978-4-9910427-1-3
みんなのデータサイト出版
本体価格:500円(+税)

3ネットショップBASEで購入する

ネットショップBASE 日本語版 英語版

クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い、携帯キャリア決済が可能です。 また、書籍以外に、オリジナルクリアファイルなど、みんなのデータサイトオリジナルグッズも取り扱っております。

4ジュンク堂・丸善の通販サイト「honto」で購入する

honto 日本語版 honto 英語版

5楽天の書籍通販サイト「楽天ブックス」で購入する

楽天ブックス 日本語版 Rakuten books 英語版

6Amazonで購入する

Amazon 日本語版 Amazon 英語版

7ゆうちょ振込で購入する

ゆうちょ振込の詳細 日本語版 英語版
日本語版 郵便局備え付けの振込用紙に、「マップ集増補版希望」の旨と冊数、お名前、住所、電話番号をお書きの上、規定の手数料を添えてお申し込みください。
(1冊400円・2冊510円、3冊以上は事前にご相談ください)
<振込先>
 口座記号番号 00100-7-729477
 口座名称 (漢字)みんなのデータサイト運営委員会
 口座名称(カナ) ミンナノデータサイトウンエイイインカイ
英語版 郵便局備え付けの振込用紙に、「英語版ダイジェスト希望」の旨と冊数、お名前、住所、電話番号をお書きの上、規定の手数料を添えてお申し込みください。振込先は日本語版と共通です。
(送料手数料は、国内の場合、2冊まで 200円 。 3冊以上および海外への発送については事前にご相談ください)

8イベントで購入する

イベントで購入する 日本語版 英語版

マップ集取り扱いご希望の「小規模書店・カフェ・市民団体等」の皆様へ

取次店(トーハン、日販など)をご利用の書店様には、取次店経由で「地方小出版流通センター」からお取り引きをお願いしておりますが、 取次店とのお取り引きがない場合は、「みんなのデータサイト出版」との直接取り引きの方法がございます。 販売可能な場所(小規模書店・カフェ・市民団体によるイベント・集会など)がある方なら、どなたでも申し込めます。

●直接取り引きをご希望の方は、下記お問い合わせフォームからお問い合わせください。 https://minnanods.net/contact/

これまでにいただいた反響

  • 今、一般素人が 一番分かりやすい本だと思う。こういう客観的な数字のデータが見たかった。(愛知県・女性)
  • この本は全国の学校や役所に置くべきだと思います。(東京都・女性 他多数)
  • 避難前に住んでいた県の地図をまず食い入るように読みました。(福島県・女性)
  • 丁寧な説明で、他人に聞きにくい事もこの本から情報が得られると思う。(東京都・女性)
  • 一冊ですべてわかる!県別になってるのもいいね。福島だけのことだと思っている人、いっぱいいるから。この紙質もいいね。(埼玉県・男性)
  • 判型がデカいのにびっくり!(出版業界・男性)
  • 現在の放射能汚染を知るために 一家に一冊。 添加物や遺伝子組み換えの食べ物を気にするように、 放射能も気にする必要がある時代に生きる私たちと未来へ(広島県・女性)。
  • 測定は全ての議論の出発点です。測定値が広く知れわたることが、異なる立場の方々で話し合う前提になることを祈っています。(研究者・男性)

さらに分かりやすく理解できる「読み解き講座」を開催

各地で、マップ集をさらに分かりやすく理解する読み解き講座企画・開催中。
地域のご友人、団体などにデータサイトのスタッフがお伺いしてお話させていただきます。
人数・地域・時期などご相談に応じます。
(ただし都合により必ずしもすべてのご依頼をお受けできない場合があります。ご了承ください。) **新型コロナウィルスの状況により、オンラインでの講座開催も可能です、どうぞお気軽にご相談ください**


直近のイベント

オンライン

【ZOOM集会】~100ベクレルをさらに超える食品も流通OK?~「緊急!食品の放射能基準値を変える動きについて考える」

日時 2021年02月27日(土) 15:00 - 17:00
会場オンライン開催(zoom)
内容原発事故からまる10年を迎える今年1月21日、自民党東日本大震災復興加速化本部は、事故後の食品の出荷制限基準値(セシウム:100ベクレル/キログラム)について、妥当性を検証するプロジェクトチームを発足しました。<br>
<br>
「安全側の厳格な基準により野生のキノコや山菜などの出荷が今なお制限され、風評被害の一因にもなっている現状を打破するため、科学的で合理的な規制の運用に見直す狙い(福島民友:2021年1月22日)」<br>
<br>
この動きは、福島県以外ではほとんど報道されていず、ご存じない方も多いのではないでしょうか。<br>
<br>
果たして、本当にそれは風評被害なのか?<br>
基準値を緩めることで、食の安全は守られるのか?どのように緩和しようとしているのか。<br>
<br>
みんなのデータサイトに参加する市民測定室の合同調査によると、これまで、「野生のキノコ」や「山菜」では、出荷制限のかかっていない地域からでさえ、基準値を超える放射性物質を含む食品が多く見つかっています。厚労省では我々の調査結果・通報を受け、「来春からは抜け穴になっているネット通販サイトなどの抜き打ち検査について検討する」と報道があったのですが、まさか、基準値の方を見直す動きが出てくるとは。<br>
<br>
そこでみんなのデータサイトでは、緊急のオンライン集会を開きます。(参加無料)<br>
<br>
■当日のプログラム(予定)<br>
15:00~15:10 経緯説明<br>
15:10~15:50 木村真三さん(放射線衛生学者)基調講演<br>
15:50~16:10 市民測定から見える問題点の解説<br>
16:10~16:50 質疑応答・討議<br>
16:50~17:00 今後のアクションについて <br>
<br>
<br>
ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています!<br>
<br>
以下のお申し込みフォームにてお申し込みください。<br>
前日に参加用のZoom URLをご登録いただいたメールにお送りします。<br>
<br>
<a href="https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScfWT_Bmubrbsqh2VF6D6PwPOVPpCWx7c3ovY9g1zayhoZeoQ/viewform" target="_blank" rel="noopener noreferrer">お申し込みはこちらをクリック</a>
担当者小山貴弓
主催・連絡先みんなのデータサイト