日本の放射能汚染の現状

原発事故後の日本における放射能汚染の現状を、東日本の事情を中心に山、川、海、食品、土壌などの視点で大まかにまとめました。 右(スマホの方は下)のメニューから選んでお読みください。 ※より詳しい「解析」は順次、トップページ「学ぶ」コーナーの次にある緑色のボタン「データの解析を見る」内に展開していく予定です。

日本の放射能汚染の現状

  • 事故発生時の放射能拡散のあらまし

    事故発生時の放射能拡散のあらまし 福島第一原発事故の放射能汚染の雲(プルーム)は風に乗り、かなりの量の放射能が太平洋へ流れましたが、風向きが陸地に向かった3月15日と22日には東北から関東、甲信越へと高...

  • 森林の汚染

    森林の汚染   森林の汚染について、吉田聡氏(独立行政法人放射線医学総合研究所)の資料に、わかりやすい考察があります。この考察をもとに、一部、事務局で表現をわかりやすくアレンジして、以下説明をし...

  • 川の汚染

    「海の汚染」において、水産庁データを元に考察を掲載しました。 「川の汚染」についても、同様に考察していきます。 海については、測定に関して詳細なルール・方法が決められていますが、川については海ほどの...

  • 海の汚染

     海の放射能汚染は、海が動いているため非常に捉えづらく、多くの研究者や研究団体、市民活動においても全体像を把握することに苦戦している分野ではないかと思われます。 ここでは、国のデータを使って、...

  • 放射能汚染の影響が出やすい食品について

    食品中の放射性セシウムの多い・少ないには傾向あり 原発事故により、様々な食品が放射能に汚染されました。 多くの市民測定室でたくさんの測定や検証をしてきた結果、食品の種類によって比較的放射性セシウムの...

  • 農家の土壌汚染低減の対策について

    2013年の高崎市民測定所クラシルにおける実態と対策 原発事故による放射能汚染が農業に与えた被害は、広く東日本全体に広がりました。 土壌そのものの汚染をなんとか取り除く、果樹などにおいては樹皮を剥ぐなど...