日本の放射能汚染の現状

食品中の放射性セシウムの多い・少ないには傾向あり

原発事故後、様々な食品が放射能に汚染されました。

多くの市民測定室でたくさんの測定や検証をして行った結果、食品の種類によって比較的放射性セシウムの検出が少ない種類と、数値が高い種類とがあるのがわかってきました。 ここでは、放射性セシウムが検出されやすい理由を、以下のような2つの前提と13の原因に大まかに分類しました。

実際は、以下に例として挙げられている種類のものでも、時期や地域、その他の諸条件で検出されないケースも多く、一概には言えませんが、1つの目安としてご覧ください。 特に、事故直後と数年経ってからでは値や状況も異なりますので、ご注意ください。 実際の具体的な数値は、下記食品検索ページにてご確認ください。
食品検索ページ

今後長きに渡って気をつけたほうが良い食べ物

原発事故が起きた2011年の直接被ばくの頃と比べると、現在では食品の汚染はある特定のものを除いて、かなり落ち着いてきています。 しかし、特に今後も長期にわたり気をつけた方が良い食材もいくつかあります。

■数10ベクレル〜時には数100ベクレル/kgの汚染がみられるもの
・野生のキノコ
・山菜(特にコシアブラ)
・イノシシや熊・シカなどのジビエ

これらは事故から数年を経た今も東北〜関東地方を含む広い範囲で、時には数十ベクレル〜数百ベクレル/kgという高い汚染が見られることがあるため、引き続き、厳重な注意や継続的な測定が必要です。

■数ベクレル〜数10ベクレル/kg程度の汚染がみられる場合があるもの
・川や湖沼の魚(淡水魚)
・沼で育つレンコン
・タケノコ
・原木椎茸

産地の汚染状況や生育状況にあわせて注意してください。