土壌

2011年3月11日に起きた東日本大震災に伴う、東京電力福島第一原発事故により、東日本の広大な土地に放射能が降り注ぎました。

国や自治体の測定では、主に1mの高さで「空間線量」(単位:μSv/h)を制定しています。空間線量では測定する高さによって異なる値が測定されます。主に放射性物質をいまだにとどめている「土壌」からの距離が異なるからです。
また広域では航空機モニタリングによる空間線量からの推計しか行われておらず、各地の詳細なセシウム濃度はわからないままでした。

そこで「みんなのデータサイト」では、具体的な汚染状況を把握するために、国の測定対象となっている東日本17都県の土壌に含まれる放射性物質を、「Bq/kg」という単位で直接測定する「東日本土壌ベクレルプロジェクト」を立ち上げました。

土壌プロジェクトについてもっと詳しく

このようなマップを表示することができるよ!
下の「マップの種類」「年度」「都県」を選んで検索してネリ。
マップの画面からも「マップの種類」「年度」「都県」を変更することができるよ。



マップの種類

土壌1kgあたりに、どれくらいの放射能があるかを測定した基本のマップです。【セシウム134+137合算】あるいは【セシウム137】を選択することができます。

「チェルノブイリ同色マップ」は、「東日本ベクレル測定マップ」をチェルノブイリ原発事故被災地で作られた地図と比較ができるように、単位などの条件を合わせたものです。

チェルノブイリ原発事故の放射能汚染度を調べたベラルーシやウクライナ、ロシアなどの地図は、土壌の面的な汚染を見るために、Bq/㎡という単位を使用しています。(もしくはMBq/㎢, Ci/㎢)

このため、チェルノブイリ原発事故の地図と「東日本ベクレル測定マップ」を比較して見たい場合は、単位を合わせ、先方の地図で基本となっているセシウム137のみの数値で表示をする必要があります。「チェルノブイリ同色マップ」は、これらの条件を踏まえて数値を換算し、同じ濃度の色基準に合わせたものです。

年度

都県

この条件でマップを表示

都県名をクリックすると、測定を行った時点の数値が詳しく表示される都県ごとの一覧表をみることができるネリ。

東北
| 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 |
関東
| 茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 東京 | 神奈川 |
甲信越・東海
| 新潟 | 山梨 | 長野 | 静岡 |

東日本土壌ベクレルプロジェクト 放射性セシウム汚染 減衰推計100年マップのダウンロードはこちらからネリ。


ファイルを開く

100年マップダウンロード



「図説 17都県放射能測定マップ+読み解き集」はこちらからチェック!