【アーカイブ公開】能登半島からの警告を読み解く うごいてなくてよかった志賀原発 つくられなくてよかった珠洲原発


【20240226能登半島からの半島からの警告を読み解くー動いてなくてよかった志賀原発 つくられなくてよかった珠洲原発】のアーカイブを公開しました。

みんなのデータサイトオンライン学習会として実施したイベントの録画です。
================================================-
世界で発生するM6以上の地震の約20% が集中する日本列島に54基もの原発を稼働させていた無謀、 能天気。
その無謀が招いた福島第一原発事故で誓ったはずの反省をころりと 忘れて再稼働原発は12基を数えています。
能登半島原発地震は、 そうした懲りない日本への再度の警告だったととらえて、 日本中の全ての原発を今すぐに止めるべきです。
地震による被害は苛烈を極めましたが、原子力災害という視点で見れば、志賀原発は2011年以来稼働を停止したままであり、 珠洲原発計画は住民運動の力で2003年に凍結されていたことは 幸いでした。
もしも、どちらかの原発が稼働中だったら、 福島第一原発事故を超える大惨事となっていたかもしれません。
本講座では、次第に明らかになってきた地震と原発に関する情報を整理して、豊富なスライドでご紹介しながら、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

開催日時:2024年2月26日(月)19:00〜21:00
講師:大沼淳一 (未来につなげる東海ネット・市民放射能測定センター(Cラボ)、
NPO法人みんなのデータサイト理事、原子力市民委員会福島原発事故部会、
高木仁三郎市民科学基金顧問、元愛知県環境調査センター主任研究委員)

こちらからご覧いただけます(Youtubeにジャンプします)

★視聴は無料です。
活動を応援いただける方、カンパをお寄せいただける方はこちらからお願いします。


「2023年キノコプロジェクト 測定結果まとめ」を公開しました


2023年秋もキノコの山野の汚染状況を明らかにするために「2023キノコ測定プロジェクト」に取組みましたので、測定結果を報告します。

*このプロジェクトは、「12人の絵本作家による応援カレンダープロジェクト(2023年)」及び「JIM-NET」(2023年)様からの寄付金をもとに実施しています。

報告書はリンク先(解析を見る・食品データの解析コーナーにあります)
https://minnanods.net/analyze/food-data/2023autumn.html

のページにあるPDFをご覧ください


「市民放射能測定室の作り方」プロジェクト、ただいま進行中!!


2023年から「市民測定室の作り方」プロジェクト(作り方プロジェクト)が始動しています。市民放射能測定室の立ち上げ、正しい測定、そして運営継続
に必要な知識とノウハウを記録し、本にまとめ、次世代に継承するプロジェクトです。
初年度の今年は、まず、日本に今もある、あるいは過去にあった市民測定室を対象にアンケート調査を実施します。
全国の市民測定室の消息を可能な限り調査して、70近い送り先にアンケート用紙を送付しました。
すでに2月末までに30を超える測定室から回答を得ています。
3月は、まだ回答をいただいていない測定室からの回答をお願いするとともに、並行して回答結果の入力と集計を行い、次のインタビュー調査へと進んでいます。

次年度以降は、調査結果を活用してガイドブック『市民測定室の作り方(仮)』の執筆に取り掛かる予定です。

アンケートに関しては、これまでに日本に存在した市民放射能測定室をすべては把握しきれておらず、
ご協力をお願いできていない測定室もあると思っています。

もしもアンケートを受け取っていないが、調査に協力いただけるという市民測定室がございましたら、
minnanods@gmail.comまで是非ご連絡ください!
アンケート用紙をメールあるいは郵送でお送りさせていただきます。
ご協力をよろしくお願いいたします。

*このプロジェクトは2023年の高木仁三郎市民科学基金の助成金をいただいています


【視聴+問診票送付】全国どこからでも安定ヨウ素剤を受け取ることができます


2024年2月17日にオンラインで開催した「安定ヨウ素剤配布オンライン説明会」には多くの方にお申し込みをいただき開催することができました。

その時の映像を事後にご覧いただき、安定ヨウ素剤をお申し込みいただけるよう、準備ができました。

<以下のBASEからお申し込みください>
詳細・お申し込みはこちら→【視聴+問診票送付】全国どこからでも安定ヨウ素剤を受け取ることができます
(みんなのデータサイト通販ショップBASE)

安定ヨウ素剤配布オンライン説明会の映像を視聴するURLや問診票等の必要書類をダウンロードでき、
映像を視聴後、問診票を記入しお送りいただきますと、牛山先生から安定ヨウ素剤を受け取ることができます。


【2/17開催・アーカイブ配信あり】安定ヨウ素剤配布オンライン説明会をおこないます


【万が一の原発からの放射能漏れ等の事故に備え、「安定ヨウ素剤」を各家庭で常備しておきましょう】

こんなことをしなくていい世の中にしたい! でも、 今の日本で子どもたちの健康と命を守るためには必要な備えです。
安定ヨウ素剤は、 原発から5km圏内の自治体でのみ事前配布されており、30㎞圏内の自治体では、一部で事前配布されてはいるものの、多くは「事故後に配布を検討する」とされています。

2024年元旦に起きた石川県の地震をみても、万が一原子力災害が起きた時に放射性ヨウ素の被ばく以前に確実に安定ヨウ素剤を飲める体制でないことが明らかになったのではないでしょうか。

2011年に起きた福島第一原発事故の時は、原発から250㎞ 離れた東京の上水道にも基準を超える放射性ヨウ素の汚染があり、乳児のいる家庭にペットボトル入りの水が配られました。つまり放射性物質は5kmとか30kmといった距離ではなく風向きによって250km離れていても到達してしまうことがわかります。日本では、多くの場所が原発から250㎞以内です。
つまり、どこにいても、原発事故の影響を受ける可能性があります。

そこで、全国どこからでも参加できるオンラインの説明会を牛山先生のご協力のもと企画しました。

ご注意:安定ヨウ素剤を受け取るには【説明会に参加(または後日配信視聴後)に、問診票を記入して郵送していただく】必要があります。
このチケットを申し込んだだけで自動的に受け取ることはできませんのでご注意ください。


日時:2024年2月17日(土) 19時30分〜21時過ぎまで(ご都合の合わない方にも、後日録画をご覧いただけます)
会場:オンラインシステムZOOMミーティングを使用しますので、どこからでも参加できます
参加費:600円(4人分までの安定ヨウ素剤の郵送料を含む。カンパ歓迎・無料参加枠アリ)
詳細・参加申し込み方法:こちらのイベント申し込みページよりお申し込みください 

            https://mds-07.peatix.com/view

            (Peatixでの申し込みができない方は、このお知らせの下の方にメールによる申し込み方法のご案内がありますのでご覧ください)



なお、お申し込みいただいた方全員に視聴URLと問診票等のPDFデータをお送りします。
開催後はアーカイブ(録画)のURLも全員にお送りしますので、お時間が合わない方や復習したい方、また他のご家族への説明等にご活用ください。

★無料参加枠を設けました。費用の捻出が難しい方は「無料参加枠」のチケットでお申し込みください。
★カンパチケットを設けています。活動にご賛同いただける方は可能な範囲でカンパにご協力いただけますと幸いです。


================================================

Peatixでの申し込みが難しい方は以下の要領でお申し込みください

1)みんなのデータサイト代表アドレス(minnanods@gmail.com)へ 件名を「2/17ヨウ素剤配布説明会」と明記した上で、本文に以下の情報を添えてお送りください。
 ・お名前
 ・住所
 ・電話番号
 ・メールアドレス
 ・安定ヨウ素剤希望する人数(●人分) 1〜4人まで600円、5〜8人まで1200円、9〜12人まで1600円

2)折り返し、振込先口座番号と金額をお知らせしますので、ゆうちょ口座へのお振込をお願いします。

3)振り込み確認後、当日のZOOM参加URL、問診票等のダウンロード用URLをお送りします。

お問い合わせは、 minnanods@gmail.comまでお願いします。