2021年キノコ測定プロジェクト 測定結果まとめを公開しました


2021年秋に実施した、キノコ測定プロジェクトの結果をまとめ、公開しました。
ぜひご覧ください。
https://minnanods.net/analyze/food-data/2021autumn.html


なお、以下のプロジェクト結果についても、など過去のプロジェクトの解析結果はこちらからご覧いただけます。
・2021年 タケノコ・山菜プロジェクト
・2020年 17都県 キノコ測定プロジェクト
・2020年 タケノコ・山菜プロジェクト
・2019年 全国タケノコ測定プロジェクト
・2014年 広範囲単品測定プロジェクト(タケノコ・しいたけ)
  (その他)



2022年タケノコ・山菜測定プロジェクト速報 栃木県産コシアブラから 739 ベクレル 栃木県産タラノメから 350 ベクレル

測定前に重量を測定したコシアブラ(右)・タラノメ(左)


 楽天ラクマサイトからセット販売されていた「コシアブラ」と「タラノメ」を2022年4月24日(日)に購入し、4月26日(火)に測定すると「コシアブラ」から1キログラムあたり739(±6.30)ベクレル、「タラノメ」から350(±3.30)ベクレルの放射性セシウム137が検出されました。これは国の出荷基準1キログラムあたり100ベクレルを大きく上回るものです。

 ラクマの販売ページには「栃木県北部から発送」との説明があったことから、ひょっとして「出荷制限地域からの出荷」ではないのかと疑われたので送り状番号を調べてみると、栃木県大田原市からの発送と判明しました。栃木県では山菜や野生のキノコ等につき多くの自治体で出荷制限が出されており、大田原市は「コシアブラ」も「タラノメ」も出荷してはいけない地域です。https://www.pref.tochigi.lg.jp/.../yasei-seigen-jishuku.html

 このため、測定をした新潟県あがのラボは現在、新発田保健所に『出荷制限地域から基準値超過の食品出荷案件』として情報提供を行い確認と適切な対応を求めています。  

 気軽に直接生産者・採取者から購入ができるネットオークション、フリマサイト等で個人販売されているものは、測定に費用がかかるため出荷前に測定されることはありません。購入の際には産地・出荷地等を事前にチェックしてください。

 みんなのデータサイトでは、例年この測定プロジェクトで発見した基準値超えの食品について、都度、保健所への通報、フリマサイト主催企業を通じて出品者への注意喚起をおこなったり、主催企業へ出品者に向けた注意喚起をしてもらうよう厚生労働省を通じて要望を出しています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
5月3日現在、今年のデータとしては山菜44検体、タケノコ10検体が公開されています。
「旬のもの検索」画面より「山菜」「タケノコ」のアイコンをクリックしてそれぞれの測定結果をご覧ください。
https://data.minnanods.net/seasonal/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*2022年タケノコ・山菜測定プロジェクトは、「おうえんカレンダープロジェクト」様からの支援をいただき実施しています。


2022年タケノコ・山菜測定プロジェクト速報  山形県産コシアブラから 349ベクレル


山形県産コシアブラから 349ベクレル

 2022年4月23日(土)に測定した山形県山形市産コシアブラ(ラクマサイトでネット購入)から、国の出荷基準1キログラムあたり100ベクレルを超える、1キログラムあたり 349(±4.6)ベクレルの放射性セシウム137が検出されました。このため、測定をした新潟県あがのラボは本日4月25日(月)、新発田保健所に情報提供を行ないました。

 多くの方々は「出回っているものはちゃんと検査されているのだろう」と考えていますが、そうとは限りません。特に山菜類やジビエなど自然の中で採取され、道の駅や無人販売、フリマサイト等で直接販売されるようなものは、事前の検査がされていないケースも多いです。

 過去には出品者が出荷規制が出ている地域だと知らずにそこから食品を採取し販売していた例や、気づかないうちに出荷規制地域に入り込んで採取していた事例もあります。

 気軽に直接生産者・採取者から購入ができるフリマサイトで販売されているものは出荷前に測定がされていないものが多いので、購入の際には十分産地等にお気をつけください。

 みんなのデータサイトでは、例年この測定プロジェクトで発見した基準値超えの食品について、都度、保健所への通報、フリマサイト主催企業を通じて出品者への注意喚起をおこなったり、主催企業へ出品者に向けた注意喚起をしてもらうよう厚生労働省を通じて要望を出しています。

 しかし出荷規制の仕組みは、基準値超えが発生して、現地の保健所が再度同様の検体を採取・測定し再現性を確認して初めて発効します。ですから、そもそも測定がされていない場合、出荷規制はかかっていません。

 また、山菜やキノコなど採取できる時期が非常に短いものについては、再現性が確認される前にシーズンが終わってしまい、規制されぬまままた次のシーズンを迎える、という残念なことになっています。

 放射性物質を取り込みやすい食品、例えば山菜(特にコシアブラ)や野生のキノコなどについては、引き続き国の基準値を超えるケースがありますので、十分にご注意ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
4月25日正午現在、山菜20検体の測定結果が「みんなのデータサイト」上で公開されています。
「旬のもの検索」画面より「タケノコ」「山菜」のアイコンをクリックしてそれぞれの測定結果をご覧ください。
➡️ https://data.minnanods.net/seasonal/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

*2022年タケノコ・山菜測定プロジェクトは、「おうえんカレンダープロジェクト」様からの支援をいただき実施しています。


山菜の測定結果は、こちらからご覧いただけます


2022年タケノコ山菜測定プロジェクトはじめました


タケノコの他、ふきのとう、わらび、ぜんまい、コシアブラ、たらのめ、ふき、さんしょう、など。 
山菜類については、栽培品ではなく、自然に生えている山菜・山野草を対象とします。
対象地域は17都県(青森、岩手、秋田、山形、宮城、福島、新潟、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、静岡、長野)。
なお、コシアブラのみ全国を対象とします。
入手方法は、ネット購入、自家採取、店舗購入、縁故など検体入手方法は問いません。


検体のご協力もよろしくおねがいします!

各測定室で入手し自主測定をしていますが、もしこのプロジェクトにご協力をいただける場合は、全国約30のお近くの市民放射能測定室へご連絡ください。
測定料は無料です。(測定結果をお知らせいたします。また測定結果はみんなのデータサイトにて公開させていただきます)

2021年の「タケノコ・山菜プロジェクト」の結果

参考までに、昨年2021年に実施した、「2021タケノコ・山菜の17都県放射性セシウム測定プロジェクト」においては、
タケノコは97件測定し、検出下限値以上だったのは42件(43%)でした。
最大値は栃木県那須塩原市産の226 Bq/kg、中央値は検出下限値未満 、食品の基準値(100 Bq/kg)超過は全て栃木県産の4件(4%)でした。

山菜は193件測定し、検出下限値以上だったのは120件(62%)でした。
最大値は栃木県那須郡那須町産の696 Bq/kg、中央値は5.8 Bq/kg、食品の基準値超過は33件(17%)でした。
   
タケノコ・山菜の最大値を示したのは、いずれも縁故品でしたが、ともに出荷制限のある地域からの基準値超過品でした。
ネット通販や店頭販売などの流通品にも、同様に、出荷制限の有無にかかわらず食品の基準値超過がありました。

詳しくは:2021タケノコ・山菜放射性セシウム測定プロジェクト 測定結果のご報告 をご覧ください。


応援カレンダープロジェクト様からのご支援により実施しています

このプロジェクトは、おうえんカレンダープロジェクト様からの50万円のご支援を活用させていただいております。
また、このカレンダーの購入を通じて応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。
深く御礼申し上げます。


おうえんカレンダー


おうえんカレンダープロジェクト様から50万円をいただきました


一般社団法人 応援カレンダープロジェクトさまから、3月11日付で、満額の50万円の寄付金を受け取りしました。ありがとうございます!

またこれは、このカレンダーを購入して「応援カレンダープロジェクト」を応援してくださったたくさんの皆さまのおかげでもあります。本当にありがとうございます。
いただいた寄付金は、データサイトの活動のための大切に使わせていただきます。

とくに、ちょうどスタートした、春の「山菜・たけのこ測定プロジェクト」と、秋の「キノコ測定プロジェクト」の活動資金に充てさせていただきます。
これらの測定プロジェクトは、その結果を広く公開することで、応援してくださった皆さまへのご恩返しができればと考えています。

原発事故から11年を経ても、除染されていない野生の食べ物は、まだまだ放射性物質を沢山含んでいる可能性があります。それらを見つけ、社会への警鐘を鳴らしていきます。

みんなのデータサイトは、これからも「子どもたちを被ばくから守りたい」という思いで活動していきます。今後ともどうぞよろしくお願いします。