【報告】11/9に食品基準値緩和反対署名を厚労省に提出しました


今年3月から呼びかけてきた、掲題の署名を11月9日(火)に提出しました。
当日提出した署名数は以下の通りです。

個人    27,961筆
オンライン  7,448筆
団体        50筆

計     35,459筆


改めて、多くの皆様に声をあげていただきありがとうございました。


集会の冒頭では、この署名スタートの記者会見時からご支援をいただいている、社民党の福島みずほさんからご挨拶をいただきました。
今回の集会も、福島みずほ事務所が様々にご手配・サポートくださったことで、実現しました。
本当にありがとうございます。

厚生労働省からは、医薬・生活衛生局の食品基準審査課より3名、食品監視安全課から3名、計6名のご担当者に出席いただきました。




冒頭でこの署名を行なった経緯と私たちみんなのデータサイトの団体説明を簡単にさせていただいて、署名を提出しました。
その後、事前に通告してあった質問書の8つの質問についての回答をいただきました。

質問1)食品基準値(100ベクレル/kg)の見直し状況
質問2)非破壊検査法による食品中の放射性セシウムスクリーニング法の適用範囲について
質問3)出荷規制の網が穴だらけであることについて
質問4)自家消費、縁故品(もらいもの)に関する監視・啓発体制が不十分なことについて
質問5)オークションサイトやフリマサイトの規制強化について
質問6)オークションサイトやフリマサイトでの違反調査が緩いことについて
質問7)食品衛生法の販売の規定範囲にまつわる曖昧さについて
質問8)内部被ばくと外部被ばくをあわせた実効線量が年間で1mSvを超えてはならないことについて

質問書本文はこちらをご覧ください。https://minnanods.net/blog/news/entry-1648.html


これらの回答を受けたのち、回答に対してさらなる質問をし、その回答をうける、という形で進めました。
たくさんの確認事項のやりとりがあり、あっという間に予定していた1時間半が経ち、時間を少々延長させていただきつつのやりとりとなりました。詳細については、改めて整理してご報告申し上げます。

ひとまず、これまでの皆様の署名へのご協力に対し感謝申し上げるとともに、皆様から集まった声をこのような形で厚生労働省・政府へ届けたことをご報告させていただきます。



なお、当日の模様を取材いただいた動画はこちらからご覧いただけます。
■ユープラン
https://youtu.be/SzpJD3YiBNk

■IWJ
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/499132

その他にも、ご取材いただいた媒体の皆さま、ありがとうございました。


【よそものネット】汚染水の海洋放出 反対メッセージ(1〜3)

在外邦人による脱原発ネットワーク「よそものネット」さんから、日本の海洋汚染水放出について、海外の事例や研究を海外の専門家による解説・メッセージをまとめました。この度日本語の字幕をつけたということで、日本の皆様にもみていただきたいとご紹介いただきました。

ぜひご覧ください。



フランスの市民団体「よそものネット」から日本のみなさまに向けてのメッセージ

2021年4月、日本政府は2年先を目処に、福島第一原発の敷地に保管されているALPS処理汚染水の海洋放出処分を決定しました。漁業関係者をはじめ数多くの反対や懸念の声を無視し、市民団体や専門家が提案する代替案の検討も拒んだ、一方的な決断です。
 この決定発表後、核推進派からは「原発は通常運転時でも汚染水を海洋に流している」、「海外ではもっと大量に放出しているのに、福島第一だけを批判するのはおかしい」などというも聞こえます。
 では、海外の核施設と汚染水について、当該国の市民団体や活動家、専門家の意見はどうでしょうか。
 よく引き合いに出されるフランスのラ・アーグ や、トリチウムというと言及される北米の五大湖ではこの問題をどう見ているでしょうか。健康被害について議論はあるでしょうか。

 よそものネットでは、そうしたメッセージをシリーズでお届けします。
 日本政府の決定は非民主的であるだけでなく環境保護を無視するものです。海は生命の源であり、あらゆる生物の生息の場です。これ以上の海洋汚染を許してはなりません。豊かな海洋を護るために闘いましょう。

汚染水の海洋放出反対メッセージNo.1  放射性廃棄物の専門家 ケヴィン・キャンプス氏

第一弾は、アメリカのNGOビヨンド・ニュークリアーの放射性廃棄物の専門家、ケヴィン・キャンプスさんです。




汚染水の海洋放出反対メッセージNo.2 フランスの反原発運動家 ディディエ・アンジェ氏

 シリーズ第二弾目は、フランスのラ・アーグ再処理工場の近くで長年、反原発運動を続け、核廃棄物を含む全ての廃棄物の海洋投棄に反対してきた、ディディエ・アンジェさんです。




汚染水の海洋放出反対メッセージNo.3 ドイツの核戦争防止国際医師会議 ドイツ支部 アレックス・ローゼン氏

シリーズ第三弾目は、核戦争防止国際医師会議(IPPNW)ドイツ支部で2021年3月まで代表を務めていた小児科医でもあるアレックス・ローゼン氏です。彼はこれまでもIPPNWドイツ支部の代表として、フクシマの放射能による影響に対して医者の立場から警鐘を鳴らし、毎年フクシマの実情を医学的科学的な根拠をもとに検証する世界会議を開いて日本からも学者やジャーナリストを招いたり、ベルリンではSayonara Nukes Berlinが主催するかざぐるまデモにも毎年共催団体として参加して演説を行ってきました。去年と今年は福島県で行われる聖火リレーや競技開催に反対する行動を共同で行いました。IPPNWドイツ支部のコアメンバーは同時に、ノーベル平和賞を受賞したICANのドイツチーム・コアメンバーでもあります。IPPNWドイツ支部は単に核兵器だけでなく、原子力エネルギーの危険性についてもはっきりと反対の態度をとっています。今回は日本政府が決定した汚染水海洋放出計画に対し、医者の立場から被ばくの危険と放射線防護をはっきりと説明してくれました。

国際キャンペーン「東京2020・放射能オリンピック」の日本語記事 (核戦争防止国際医師会議/IPPNWドイツ支部ウェブサイトより)




「よそものネット」とは?

よそものネット
在外邦人による脱原発ネットワーク

Sayonara Nukes Berlin 
本部 ドイツ・ベルリン
Blog http://sayonara-nukes-berlin.org/
Facebook  https://www.facebook.com/sayonara.nuk...
Twitter  https://twitter.com/NoNukesBerlin

遠くの隣人3.11
本部 フランス・グルノーブル
HP (日仏語)
2018年3月以降
https://nosvoisinslointains311.home.b...
2018年3月以前
http://nosvoisins311.wixsite.com/vois...
Facebook
Nos Voisins Lointains 3.11 Les paroles des sinistrés nucléaires
https://www.facebook.com/Nos-Voisins-...

よそものネット・フランス
本部 フランス・パリ
ブログ 
http://yosomononet.blog.fc2.com


【署名提出】11/9(火)に集約した署名を提出します

「食品等の出荷制限」における放射性物質 100 ベクレル/kg 緩和案の撤回を求める署名
提出のご案内

今春から実施してきた掲題の署名には多くの個人・団体の皆様にご協力いただきありがとうございました。
おかげさまで8月末の2次集約までに多くのご賛同いただきました。

その後総裁選、衆院選などが次々と計画されたためタイミングをはかっておりましたが、このたび、署名提出日を下記の通り確定しました。ご多忙とは存じますがぜひご来場くださいますようご案内いたします。

みんなのデータサイトは、福島原発事故後に全国に立ち上がった市民放射能測定所のネットワーク団体です。これまで市民の皆様から寄せられる食品や土壌に含まれる放射性セシウムを測定しその測定結果をウェブサイトで公開しています。事故から10年が経過した今でも国が定めた食品の基準値である1キログラムあたり100ベクレルを超えるものが出荷規制がされていない自治体からも多く見つかる山菜、キノコ、ジビエ。そうした食品が市場に出回らないようすべきところ、逆に、国は放射能基準値を現在の100ベクレル/kgから10~100倍(1,000~10,000ベクレル/kgに相当)緩和することで、法律違反ではない状態を作ろうとしています。
私たちはこの基準値を緩和する動きに反対し署名活動を行いました。
この署名を集約し下記の通り提出いたします。

当日は、提出後厚労省担当者との質問・意見交換の時間も設けます。皆様の声を届けましょう。


提出日 2021年11月9日(火) 14時30分〜15時30分 

*14時00分から同館入口にて通行証をお配りします(定員 50名)

場所  参議院議員会館 B107

https://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/shisan.pdf

当日は、署名の提出・要請、厚労省担当者との質疑応答を行います。

ご出席いただける方は、お席等の準備のため、事前にメール(minnanods@gmail.com)・またはFax(024-573-5698/前日までに)にお申し込みいただけると助かります。
詳しくは、添付お知らせをご参照ください。




厚労省宛質問書

事前に厚生労働省宛にお送りした質問書を公開します。(テキストの最後にPDF形式も添付してあります。)

2021年10月29日

厚生労働大臣

みんなのデータサイト


厚労省への食品放射能汚染に関する質問書

以下の質問にお答えください。

質問1)食品基準値(100 Bq/kg)の見直し状況について
  自民党の東日本大震災復興加速化本部「食品等の出荷制限の合理的なあり方検討プロジェクトチーム」(座長=根本匠衆院議員)は、復興庁、厚労省、農水省、原子力規制庁等から食品中の放射性物質の汚染状況や現行の食品基準値に関する説明を受けて協議し、現行の食品基準値(100 Bq/kg)の見直しを求める「提言」を政府に提出しました。 また、自民党の東日本大震災復興加速化のための第10次提言にも食品等の基準や出荷制限の規制について科学的・合理的な観点から、速やかな検証を加速化することが盛り込まれています。食の安全に関わる厚生労働省として食品基準や出荷制限に関わる検証状況に関して回答をおねがいします。

質問2)非破壊検査法による食品中の放射性セシウムスクリーニング法の適用範囲について
  2021年3月26日に厚生労働省医薬・生活衛生局食品監視安全課は、全国の保健所等に「非破壊検査法による食品中の放射性セシウムスクリーニング法について」と題した事務連絡を発出しました。同日、原子力災害対策本部は「検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方」を改定し、キノコ・山菜類等に対して非破壊検査によるスクリーニング方法を容認しました。 この改定では、たとえ出荷制限地域であっても非破壊検査による全量検査と基準値以下を条件に、県が定めた出荷・検査方針に従っていれば出荷が可能となるものと理解されます。 現在は、「マツタケ」に限定されていますが、他のキノコや山菜、ジビエ肉等にも水平展開する方針があるのか回答をおねがいします。

質問3)出荷規制の網が穴だらけであることについて
  土壌放射能汚染と山菜・キノコ・野草・ジビエ類の放射能含有量とは明らかな相関性があります。みんなのデータサイトが実施した17都県土壌放射能調査結果と比べて、政府によるこれら食品の出荷規制の網は穴だらけと言わざるを得ません。そもそも出荷規制を決定するにあたっての総合的・系統的な調査が行われておらず、たまたま出てきた基準超過食品データについての場当たり的な出荷規制になっているのではありませんか。あらためてきちんとした調査監視体制を敷き、穴のない規制の網を準備すべきだと思うのですが、この点に関してご回答ください。

質問4)自家消費、縁故品(もらいもの)に関する監視・啓発体制が不十分なことについて
  福島原発事故後10年を過ぎても、土壌放射能汚染は収まっていません。土壌中Cs-137は約80%が残存しているのです。しかし、市民感覚としての注意・警戒感は薄れつつあります。そうした中、山菜・キノコ・野草・ジビエ類の自家採取と消費あるいは縁故品としての流通が増加しています。政府および自治体としての放射能汚染に対する継続的な啓発活動が必要です。このことについて今後の方針を聞かせてください。

質問5)オークションサイトやフリマサイトの規制強化について
  昨年度みんなのデータサイトが、独自に春の山菜類、秋のキノコ類をヤフオク、メルカリ等のオークションサイトやフリマサイトで購入し、放射能測定を実施したところ、基準値超えの食品が多数流通していることが明らかになりました。厚生労働省はこの事実に基づき、昨年秋にインターネットモール運営事業者に対して野生の農産物を販売する利用者に対する注意喚起を依頼しました。更に、今年度の春には保健所や国立医薬品食品衛生研究所を通じ、匿名購入・抜き打ち検査を実施したことを確認しております。公表された測定データを見ると基準値超えで産地不明の「コシアブラ」が多数報告されています。明らかに食品衛生法違反であっても出品者が保健所への出頭や聞き取りに応じない事例が多いと聞いています。 厚生労働省としてこのような”逃げ得”の流通をいつまで放置したままにするのか回答ねがいます。

質問6)オークションサイトやフリマサイトでの違反調査が緩いことについて
「オークションサイト・フリマサイトにおける野生の農産物の販売について」( https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14183.html )ページにある医薬・生活衛生局食品監視安全課へ電話で確認したところ、対応したナカヤ氏から「山菜の直売所やネットでの販売は採取業になるため営業(流通販売)には含まれない」ことから、食品衛生法の対象外となっているといわれました。インターネットを介し、匿名で売買が直接大量に行われている現状でも、流通販売に含まれず食品衛生法の対象外であるならば、どのようにして食の安全を担保できるのでしょうか?正式な見解をお聞かせください。また今後の見直しの方針についてお聞かせください。
(参考:食品衛生法 第4条第7項:⑦ この法律で営業とは、業として、食品若しくは添加物を採取し、製造し、輸入し、加工し、調理し、貯蔵し、運搬し、若しくは販売すること又は器具若しくは容器包装を製造し、輸入し、若しくは販売することをいう。ただし、農業及び水産業における食品の採取業は、これを含まない。)

※オークションサイトやフリマサイトの規制強化についての参考情報
①「食品中の放射性物質の検査結果について(1250報)2021年8月27日(金)」( https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_20476.html )で公開された検査結果では以下の検体について産地不明となっていたが、ふくしま30年プロジェクトが福島市保健所へ食品基準値超で申し立てしたものと、その後の行政情報開示で得た文書から、福島市保健所が出品者と連絡が取れなかったために産地不明となったことが分かった。匿名配送の場合、保健所が運営会社に求める連絡先の開示について、出品者がそれに応じなければそこで調査は終了してしまう。
 
No.10 産地不明 コシアブラ (Cs:260 Bq/kg)
[ ヤフオク! 出品 発送地:宮城県(legend1288)]

No.11 産地不明 コシアブラ (Cs:120 Bq/kg)
[ PayPayフリマ出品 発送地:宮城県(なまごめ)]

No.12 産地不明 コシアブラ (Cs:110 Bq/kg)
[ PayPayフリマ出品 発送地:福島県(サンダー)]
 
No.13 産地不明 コシアブラ (Cs:120 Bq/kg)
[ PayPayフリマ出品 発送地:宮城県(ban********)] 

No.14 産地不明 コシアブラ (Cs:110 Bq/kg))
[ PayPayフリマ出品 発送地:山形県(ほのか)] 

No.15 産地不明 コシアブラ (Cs:170 Bq/kg)
[ PayPayフリマ出品 発送地:茨城県(ララたろ)]
 
No.16 産地不明 コシアブラ (Cs:140 Bq/kg)
[ メルカリ出品 発送地:長野県(凛々子)]

No.17 産地不明 コシアブラ (Cs:180 Bq/kg)
[ ラクマ出品 発送地:長野県(織姫)]

下段の、[ ] 内の情報は、ふくしま30年プロジェクトの申立書より。発送地の( )内は出品者名。 凛々子と織姫は、同封された手紙の筆跡から同一人物と思われる。


質問7)食品衛生法の販売の規定範囲にまつわる曖昧さについて
読売新聞2020年10月19日掲載の「あれからVol.7 初代原子力規制委トップ 福島と生きる決意」によると、前原子力規制委員長の田中俊一氏が、飯舘村で取れたコウタケの炊き込みご飯を読売新聞の記者に振舞ったとあります。同記事には、田中氏が放射能測定器でコウタケご飯を測定したところ、1,000 Bq/kgを記録したとも記されています。
この記事を踏まえて医薬・生活衛生局食品監視安全課へ電話し、出荷制限のコウタケを来客に振舞うことはいかがなものか?と質問したところ、対応したナカヤ氏からは、食品衛生法第六条では「不特定又は多数の者に授与する販売以外の場合を含む」とあり、不特定又は多数が違法かどうかのポイントで、この件についてはグレーですという答えでした。
しかし、社会の公器たる新聞の取材を前に、前原子力規制委員長が食品衛生法の脱法行為と取れる態度を示しています。厚生労働省のサイトには「私たちが毎日、口にする食品の安全性を確保するための施策を行っています」とありますので、田中氏のように影響力がある人物が脱法行為とも取れる行動を行うことについての見解を聞かせてください。


質問8)内部被ばくと外部被ばくをあわせた実効線量が年間で1mSvを超えてはならないことについて
 厚生労働省医薬食品局食品安全部による「食品中の放射性物質の 新基準値及び検査 について 」(2012年8月1日)においても、食品基準は年間1mSvを超えないように設定したとあります。そもそも、ICRPは公衆の被ばく線量限度を年間1mSvとしています。国民の健康と安全を確保する意味からも、食品による内部被ばくも含めて、年間1mSvが担保されるべきと考えます。したがって、現行の食品放射能基準をさらに下げることがあっても、引き上げは絶対にあってはならないと考えます。このことに関する見解をお聞かせください。

以上



上記の内容のPDFはこちら↓



おうえんカレンダーの寄付助成をいただくことになりました


12人の絵本作家が描く応援カレンダー から 「タケノコ・キノコ測定プロジェクト」に対し、寄付助成をいただけることになりました。

10月から発売される2022年の絵本カレンダーの売り上げが原資となり、来年3月に寄付金をいただけるという仕組みになっています。 

今年の寄付先は、「10年経った今でも「子どもたちを被ばくから守る」ために活動し続けている団体を公募させていただき、次の5団体に寄付をさせていただくことになりました。(以上カレンダープロジェクトHPより抜粋)」とのことです。

〜2022年の寄付助成団体〜
■NPO法人 新宿代々木市民測定所
■NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク
■みんなのデータサイト(当サイト)
■もやい展実行委員会
■乳歯保存ネットワーク&はは測定所 / 非営利未来型株式会社はは

カレンダーは8,000部用意されるそうです。
発売日になりましたら改めてご案内させていただきますので、ぜひ多くの方に「カレンダーを購入する」という形でサポーターになっていただけましたら幸いです。

◉おうえんカレンダーについて詳しくはこちら
(みんなのデータサイトの紹介も載せていただきました)

この寄付は、近年定点測定を続けている、春の「たけのこ・山菜プロジェクト」と秋の「キノコプロジェクト」の検体購入費や測定費などにあてさせていただきます。
私たちのプロジェクトを採択いただいた、一般社団法人応援カレンダープロジェクト様に深く感謝申し上げます。





マップ集・フランス語版ダイジェストがフランスで販売開始


フランスの市民団体「à ECHO-Exchanges(言霊の交換)」により、この度 放射能測定マップのフランス語版ダイジェストが完成し、フランス脱原発全国ネットのショッピングサイトに掲載されました。

フランス語版は、英語版ダイジェストに収録されている福島県に加え、隣接する栃木県、そして東京都という3つの地域の汚染マップを挿入して作成されました。


*************************


測定値はセシウム134と137の合計値であり、2011年3月の値は測定時の実測値から減衰計算によって推定され、表示されています。文部科学省と原子力規制委員会が発行した航空機監視マップは、地上300 mから測定された空間線量に基づいて変換されており、「みんなのデータサイト」のベクレルの実測からの減衰計算よりもはるかに精度が低くなっています。実際のサンプル土壌によるベクレルマップとして他にないユニークな「サイト」マップです。


*************************


あとがきは、フランスの市民放射能測定所 CRIIRAD 所長のBruno Chareyronさん。
CRIIRADの皆様には、10年前の原発事故直後に必要だった様々な放射能測定器の支援や、測定技術の研修など、当時大混乱だった日本の市民放射能測定室の設立において、手探りだった「市民が自ら測定する」ことに、多大なご支援をいただいてきたことを知っています。
日本の市民測定室のネットワークとして、ここにあらためて 10年間のご支援に感謝申し上げます。今後とも互いにつながって活動していきましょう!


*************************


24ページ・カラー・ 編集・ ECHO-Echanges.ソーティルデュ原子力ネットワークからの財政支援。
販売価格は5ユーロです。

なお、純利益はみんなのデータサイトに寄付されます。

à ECHO-Exchangesの代表、Kolin Kobayashiさん他、ご尽力いただいた皆様に心から感謝します。

購入はこちらから(「フランス脱原発全国ネット」のサイトです)。 購入は最小単位5冊から。
https://boutique.sortirdunucleaire.org/index.php?id_product=589&controller=product&fbclid=IwAR3vw1ImhJFXnqQ-lhJ9t26aIgGyTtTs-JB6m8beqeSCtTnlCDAdSz9o4S8

*日本国内では販売予定は今のところありません。

La carte citoyenne de la contamination radioactive du Japon    Cette carte est l'aboutissement de six années de travail collectif de « Mina-no-data-site » en réseau des 33 centres citoyens de mesures de la radioactivité nées dans diverses régions du Japon après la catastrophe de Fukushima. C'est un résumé des résultats des mesures effectuées par 33 centres de mesures citoyennes à partir d'échantillons prélevés du sol sur 3400 lieux par 4000 volontaires entre 2014 et 2017.     La version française a été créée en insérant des cartes de pollution des trois régions, Fukushima, Tochigi et Tokyo à partir de la courte version anglaise. La raison pour laquelle cette carte est importante est qu'elle mesure la radioactivité du sol, pas la dose aérienne, de sorte que vous pouvez voir la quantité de contamination de manière beaucoup plus fiable que la dose aérienne. La mesure est la valeur totale du césium 134 et 137, et la valeur pour mars 2011 est estimée et affichée par un calcul d'atténuation. Les cartes de surveillance des aéronefs publiées par le ministère de l'Éducation, de la Culture, et des Sciences et de la Technologie et la Commission de la régulation nucléaire sont converties en fonction des doses aériennes mesurées à 300 m au-dessus du sol et sont beaucoup moins précises que les estimations de Becquerel sur le terrain de cette carte de « Mina-no-data-site » qui est unique jusqu'à présent en tant qu'une carte en becquerel d'après échantillons réels.    

Le contenu comprend les trois cartes agrandies de Fukushima, de Tochigi et de Tokyo estimées pour mars 2011, uLes autres pages présentent la valeur estimée en 2020 et la valeur estimée pour 100 ans. Si vous allez sur le site , vous pouvez voir toutes les cartes de mesures des 17 départements du Tohoku, Nord-Est du Japon.


Citizens' Radiation Data Map of Japan
https://en.minnanods.net

La carte se vends au boutique du site Réseau Sortir du Nucléaire  :
https://boutique.sortirdunucleaire.org/index.php

ou commandez directement à ECHO-Exchanges :
echoexchanges@wanadoo.fr (commande minimum à partir de 5 ex)