全国たけのこプロジェクト 結果報告

1. プロジェクトについて

 みんなのデータサイトでは、参加測定室による一斉測定として、2014年に「しいたけ・たけのこ広範囲測定プロジェクト」を実施しました。事故から8年が経過した2019年春、一般食品に比べて山野の食材の放射能濃度が依然として高い状況にあることから、山菜の中でも幅広く食されている「タケノコ」について、汚染度がどうなっているかを、再度全国一斉で調査しました。



2.調査概要

1)プロジェクト参加測定室[略記号]

おのみち-測定依頼所[a]、阪神・市民放射能測定所[b]、未来につなげる・東海ネット  市民放射能測定センター(C-ラボ)[c]、日本チェルノブイリ連帯基金-Teamめとば[d]、あがの市民放射線測定室「あがのラボ」[e]、東林間放射能測定室[f]、町田放射能市民測定室 はかる~む[g]、HSF市民測定所・深谷[h]、森の測定室 滑川[i]、高木仁三郞記念 ちょうふ市民放射能測定室[j]、NPO法人 放射線測定室アスナロ[k]、那須希望の砦[l]、みんなの放射線測定室「てとてと」[m]、認定NPO法人 ふくしま30年プロジェクト[n]、さっぽろ市民放射能測定所 はか~る・さっぽろ[o]、計15測定室

2)調査時期

2019年3月~7月

3)タケノコ採取

自家採取品・縁故品・市販品など、計126件のタケノコを採取し、試料情報として、産地(当該地もしくは当該県庁・市庁のGPS情報)・タケノコの種類・サイズ・採取日時・採取者名などを記録しました。
*産地については、可能な範囲で詳しく記録していますが、市販品においては都道府県までしかわからないことがあります。

4)タケノコの前処理

タケノコは先端部分に放射性セシウムが集まりやすいことが、明らかになっています。そこで、測定容器に詰めるための前処理では、洗浄して水分を除去した後、外皮をむき、姫皮部分も含めた可食部を、図1のように縦割りにして使用しました。


5)測定器[使用する測定室の略記号]

ヨウ化ナトリウムシンチレーション検出器核種分析装置(NaI):非電化工房製 CSK-3i[a・b]、ATOMTEX社製AT1320A[e・f・h・i・l・o]、日立ALOKA社製 CAN-OSP-NAI[c・d・j]、EMFジャパン製EMF211[g・m]、応用光研製 FNF-401[k]
ゲルマニウム半導体検出器核種分析装置(Ge):PGT社製 NIGC16190SD[n]

6)検出下限値

検出下限値は、検出器の種類・性能・設置場所の環境など測定装置ごとに異なります。また、タケノコの供試量や測定時間によっても異なります。
したがって、測定試料ごとに異なります。

この調査における測定では、供試量269~1019 g、計測時間0.5~96時間の範囲で実施されました。
結果的に、検出下限値は、セシウム-137で0.1~2.66 Bq/kg、セシム-134で0.08~3.14 Bq/kg、これらの合算値である放射性セシウムとしては0.22~5.66 Bq/kgの範囲でした。
以下に述べる測定結果および考察などでは、検出下限値未満は、数値を「0」として処理しました。



3.プロジェクト結果と考察

 タケノコプロジェクト2019の測定結果について、下記のように日本地図に採取地点をプロットし、各プロットの測定結果(測定値)を濃度に応じて10段階に色分けして示しました
(各ポイントをクリックしていただくと、調査結果の詳細をご覧いただけます)。

以下のみんなのデータサイトの「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」による土壌放射能測定マップと見比べてください。
土壌濃度の高いところに、高濃度のタケノコが生育する可能性の高いことが確認出来ます。


*より詳細に「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」の地図を見たい場合は、↑地図画像をクリックすると、
「みんなのデータサイト 土壌マップの2011年当時の17都県マップのページが開きます。

ジャンプ先では、上部のメニューで、何年の地図か、都道府県はどこを見たいか、などを選択できます。

なお、2019年の調査では、福島第一原発事故の影響が比較的少ない石川県産や福岡県産のタケノコで0.12 Bq/kgと微量ながらも放射性セシウムが検出されています。
これらの数値はNaI測定器より精度のよいGe測定器による長時間測定の結果で得られたものです。
そして、これらからは半減期が2年と短いセシウム-134は検出されていません。
半減期が30年と長いセシウム-137だけが放射性セシウムとして検出されています。

なお、2011年の事故直後に、半減期が8日のヨウ素-131が福岡県まで到達していたことは福岡県の国への調査報告で明らかです。

さて、2014年の調査で放射性セシウムを検出したのは42件ですが、そのうちの95%(40件)はセシウム-134の検出が確認され、福島事故由来であることが明らかでした。
一方、2019年の調査で放射性セシウムが検出されたのは53件ですが、そのうちセシウム-134の検出は40%(21件)で福島事故由来であることが明らかですが、60%(32件)は、福島事故の影響と共に大気圏内核実験やチェルノブイリ事故の影響も考えられました。

さらに、測定結果の都道府県別の集計を表1に表しました。


表2には、2014年に実施したタケノコプロジェクト2014と今回の調査結果についてその比較の概要を示しました。


1)2014年と2019年の調査結果の比較

調査ができた地域は2014年の23都県に対して2019年は30都道県、調査件数は102件と126件でした。どちらも2019年の方が2、3割増えていますが、検出率については41%と42%で変わっていません。

2014年から2019年までの5年間に放射性セシウム濃度は物理学的な減衰のみを考えても3割ほど低くなっていると思われますが、検出率が変わらなかったのは、2014年にはつかみ切れなかった地域のタケノコの汚染が2019年には検出されたことや、測定時間で見ると2014年の最長が43時間だったのに対して、検出下限値の項で述べたように2019年は96時間とより長時間計測され、より低濃度まで数値化されたことにもよるかも知れません。

実際、2014年の検出下限値は、セシウム-137で0.3~5.8 Bq/kg、セシウム-134で0.3~6.6 Bq/kg、これらの合算値である放射性セシウムとしては0.6~12.4 Bq/kgでしたので、検出下限値も2019年の方が低い傾向にありました。

なお、最大値は2014年の672 Bq/kg(福島県産)に対して、2019年では101 Bq/kg(栃木県産)でした。

表2の最下欄に、各都道県内で検出された値の最大値の大きい順に都道県名と各々の最大値を記載しました。
2019年に栃木県内のタケノコの調査ができたことで、福島第一原発事故による放射能汚染が比較的大きかった地域のタケノコの調査が、数が少ないながらも網羅されたことになり、汚染の大きかったところほど、検出されやすく、また高濃度に検出されやすいことが、明らかとなりました。

2)タケノコの種類による違い

表3および図3でタケノコの種類別の測定結果について比較しました。



タケノコの種類は、図3に示したように、両年ともに、孟宗竹が60%台を占め、種別不明が約20%で、残り20%弱が淡竹や真竹、および件数は少ないですが、根曲がり竹でした。

放射性セシウム濃度については、2014年の最大値672 Bq/kg(福島県産)を示したのは淡竹でしたが、2019年の最大値101 Bq/kg(栃木県産)を示したのは真竹でした。
また、2019年の孟宗竹の最大値は100 Bq/kg(栃木県産)と真竹の最大値に近接していました。

なお、表中の中央値とは、データを大小順に並べた時の真ん中にある数値のことです。2019年の根曲がり竹の中央値が31 Bq/kgで他品種よりも10倍以上高い数値を示していますが、調査件数が2件で濃度が検出下限値未満と62 Bq/kg(福島県産)であったことによるものです。

これらの調査結果からも、種類の違いよりは、生育環境における放射能汚染の度合いが大きく影響していると考えられました。

2014年の たけのこプロジェクト の結果はこちら

3 )タケノコの放射性セシウム濃度の経年推移

プロジェクトデータを含むデータサイトのタケノコデータ(339検体)と厚労省のデータベース(注1)のタケノコデータ(7687検体)を同一グラフにプロットしたものが、図4です。
(データ抽出はいずれも2019年10月27日、縦軸は対数で表示)


(注1)厚労省のデータ:食品中の放射性物質検出データ http://www.radioactivity-db.info/

最大値で見ると、2011年には3100 Bq/kgだったのですが、2012年1,300 Bq/kg、2013年470 Bq/kg、2014年672 Bq/kg、2015年460 Bq/kg、2016年244 Bq/kg、2017年450 Bq/kg、2018年413 Bq/kg、2019年では554 Bq/kgでした。

図の中の赤いバーは、2011年3月に放射性セシウム濃度が1,000 Bq/kgのタケノコが物理学的半減期によって経年的にどのように減衰していくかを示したものです。
各年の最大値はほぼその減衰ライン上にあることが分かります。
福島事故当時降り注いだ放射性セシウムは、竹林内においては地下茎を持つ竹本体や土壌中にとどまって、年間を通して竹や土壌の林内循環によって存在し続けるようです。

したがって、タケノコの先端部への凝集はあるものの、タケノコや枯れ葉として林外へ出る以外は、そこに留まり続けることになります(注2)。

今後も、図4で見られるような物理学的半減期による緩やかな減少傾向を維持するものと思われます。

しかしながら、より放射能汚染の大きかった地域、すなわち土壌中の放射性セシウム濃度の高い傾向にある地域には、未確認の高濃度タケノコが存在する可能性があります。実際、図4に示された2019年における高濃度タケノコは、高い順に554、416 Bq/kgでしたが、1番目は宮城県栗原市、2番目は同県丸森町の非流通品のタケノコで、宮城県内でも比較的放射能汚染の大きい地域のものでした。


(注2)梅村光俊・金指努・杉浦佑樹・竹中千里:福島県内のモウソウチク林における放射性セシウムの分布、日林誌(2015)97: 44-500



4.最後に

 タケノコの放射性セシウム濃度は、主にその生育地における福島第一原発事故によって放出された放射性セシウムの飛来度合いを反映していることが分かりました。
また、その濃度の経年推移は、放射性セシウムの物理学的半減期に沿ったものであることが予測され、福島事故後10年目の2020年現在であっても、高濃度の放射性プルームによって汚染された地域では、現在検出が確認されていない高濃度タケノコが存在する可能性があります。

旬のタケノコは多くの人に好まれますが、「測って判断」の心がけが必要です。



(データ集計:東林間放射能測定室・高岡、はかーるさっぽろ・竹ノ内、 文責:C-ラボ 大沼(章))


【マップ集増補版 4/6 新発売】「 複合汚染2.0 」時代を生きのびるための1冊


「図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集 増補版」4月6日発売開始‼️

■ついに私たちは「複合汚染2.0」時代に突入した!

私たちはいま「新型コロナウィルス」という、これまで体験したことのない新たな脅威に直面しています。
 
日々増加する感染拡大と重症化に対し、世界の科学者や医師たちは、罹患した人達からこのウィルスに打ち克つためのデータを必死に蓄積しています。
 
今夏に開催予定だったオリンピックも延期が決定しましたが、私たちはいま、この新しい脅威が終息に向かうことを待つことしかできません。
 
2011年3月、福島原発事故のときもまったく同じ状況でした。

あの事故で東北から関東一円に降り注いだ放射性物質がどんなものだったのか、またどれだけの量だったのか、当時はすべてが未知の領域で、原発から遠ざかり逃げることしかできませんでした。
いえ、放射能に怯えながらも、逃げることすらできずにとどまらざるを得ない状況に多くの人がいました。
 
その後莫大な予算と時間がこの原発事故の処理に費やされたにもかかわらず、2020年2月、聖火リレー出発点で100万ベクレル/kgの放射能値が検出されるという事実が発覚しました。
 
それだけではなく、小児甲状腺がんの多発、汚染土壌の再利用問題、汚染水の処理問題、補償の道のりがみえない被災者へのケア、原発の廃炉など、長期に渡る影響を真剣に考えなければならない多数の問題が未解決のままです。
 
「原子力非常事態宣言」発令中の日本に、新型コロナウィルスという「新たな危険要素」が加わり、私たちは1970年代に深刻な社会問題となった複合汚染以来、新たな「複合汚染2.0」時代に突入しているのではないでしょうか?
 



■最新の科学的データの蓄積こそが未来をつくる

そのような時代背景の中、日本政府が取り組もうとしなかった土壌の放射能量を測定すべく、全国の市民のべ4,000名の協力のもと、17都県3,400地点の土壌汚染データを掲載して2018年11月に発刊された「図説・放射能測定マップ+読み解き集」を、今回32ページもの最新データを追加収録して新発売する運びとなりました。

自費出版でありながら発売以来1万8,000冊の発行部数を達成した同書。
国がやらない広範囲にわたる土壌の放射能汚染調査の結果など、一般の人が「知りたかった」情報を市民自らが調査し明らかにしたことから、このように高い支持をいただけていると感じています。
 
今回、初版の発売から1年4ヶ月の間に得られた新たな知見をもとに、みんなのデータサイトの参加測定室や、行政はじめ専門機関が調査した最新データを多数解析に用い、今、みなさまに改めてお伝えしたいことをまとめました。

★今回発売の増補版での主な書き換え箇所および追加記事
 

・2020年の東日本全体の土壌放射能推定値地図
・原発事故前2010年の日本全国の土壌放射能の値
・2020年3月現在の小児甲状腺がんの発症状況
・2019年の台風19号における水害土壌調査
・高汚染エリアにおける土壌汚染と大気浮遊じんの関係
・激甚汚染エリアからの放射能流出の見通し
・食品・土壌・空間線量の基準について

「科学は意思決定における重要な根拠」これは今回の新型コロナウィルス禍で大きな脚光を浴びている岩田健太郎博士の言葉です。
 
新型コロナウィルスも放射能も、未知の危険を回避するための意思決定は「科学的データの蓄積」でしか判断できないものだと私たちは考えます。
 
「複合汚染2.0」の時代を生きのびるため、一人でも多くの方にお読みいただきたい一冊です。
 
下記ページで、様々な購入方法を確認できます。
https://minnanods.net/map-book/

★なお、初版発行時にクラウドファンディング でご支援いただきマップ集をご購入いただいた方には、ささやかなお知らせがあります。クラウドファンディング サイト「Motion Gallery」のサイトにログインし、マイページにてメッセージをご確認ください。



『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集』とは?

2011年の東日本大震災により発生した、東京電力福島第一原発事故による広範囲にわたる土壌汚染の様相を、『国がやらないなら自分たちでやるしかない』と、手弁当で3年間かけて、市民のべ4,000人とともに調査した「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」の結果を解析し。
第1章:土壌、第2章:食品、第3章:放射能の基礎知識からなる、市民の市民による市民のための放射能解説本。


【増補版 新発売記念☆読者モニターを20名募集します!】



みんなのデータサイトを応援してくださる皆さま、こんにちは。みんなのデータサイト事務局長小山貴弓です。

一昨年の11月に、市民のみなさまに呼びかけてクラウドファンディングで自費出版することができた『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集』は、その後1年余りのうちに5刷、1万8,000冊を発行することができました。
これもひとえに、日頃から応援してくださる皆さまのおかげです。本当にありがとうございます!

この本を出版して以来、みんなのデータサイトの参加測定室メンバーが総力を挙げて、日本全国で「マップ集読み解き講座」を実施してきました。
この間、昨年は台風19号という大きな自然災害により、阿武隈川やその他たくさんの河川で水害が発生し、「東京2020五輪」に向け復興の声高く避難区域の解除などが進んでいきました。

本当に帰還して安全な放射線量なのか?そしてその検証も十分されないままでよいのだろうか?と、数々の疑問に対し、新たな調査・解析を行なってきました。

そこでこの度、オリジナルのマップ集の情報に加え、これらの、いま皆さんに伝えたいトピックをさらに加筆した「増補版」を発行する運びとなりました。

4月6日発売のこの新刊『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集 増補版』の読者モニターを、この度20名募集します。
読後にAmazonやご自身のSNS(Facebook , Blog, Twitter, その他なんでも!)で感想のシェアをして頂ける方のご応募をお待ちしております!


『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集 増補版』
みんなのデータサイト出版/ 2,600円(+税)/232ページ /4月6日発売

応募締め切り: 2020年4月9日(木)23:59

読者モニターに応募する→ (google formが開きます)

*送付先は日本国内とさせていただきます。当選は、発送をもって代えさせて頂きます。


【事故から10年目にあたり緊急決定】 「2020東京オリンピック開催時の土壌放射能量マップ」無償公開!

2011年3月11日の東日本大震災をきっかけとして起きた福島第一原発事故。
悪夢のようなあの日から、まる9年が経過し、10年目に入りました。

今年7月に開催予定の東京オリンピック。3月26日福島県からスタートする聖火リレーのため、3月25日を期限としたルート上にある避難者宅の解体が迫られています。
また、3月4日には双葉町の帰還困難区域の一部と避難指示解除準備区域が、翌5日には大熊町の帰還困難区域の一部が、3月10日には富岡町の帰還困難区域の一部の先行解除が、国(原子力災害現地対策本部)や県との合意で実施されるなど、まるで放射能汚染がなくなったかのような「科学的根拠のない、なし崩し対応」が次々と実行されています。
しかし多数の人が沿道を埋める聖火リレーでは、空間線量で0.77μSv/hという高線量の場所が「長時間滞在しない」ことを理由にルートに設定され、土壌の放射能量ではなんと100万Bq/kgを超える場所もあることが調査で明らかになっています。

しかし、新型コロナウィルスの影響で、イベントや集会なども軒並み中止。震災を忘れずにふり返るべき時期に、放射能汚染の実態を多くの方に知ってもらうことが難しい状態でした。

2020年7月時のマップ、100年マップの日本語版・英語版を無償公開! 非営利な活動に自由にお使いいただけます

そこでこのたび、下記2つのマップ画像を、「クリエイティブ・コモンズ」とし、無償公開・提供に踏み切りました。

●2020年7月オリンピック開催時の17都県土壌放射能量マップ

●震災100年後となる2111年までの放射能の減衰推移をまとめた、「100年マップ」


それぞれPDF・イラストレータデータで日本語と英語バージョンを用意しました。

みなさんそれぞれのクリエイティビティで、このマップをダウンロードいただき、いろいろな形で活用し、情報発信してください。
またメディアやジャーナリスト、核や放射能に関連する世界中の団体にこのマップを届け、多くの皆様の活動に役立ててください。

このままでは実測データをまったく無視したまま「放射能汚染はなかった」ことになり、コロナウィルス以前に、被ばくの危険性を知らせなかったリスクを日本人全員が負うことになるのではないかと危惧します。
みなさんおひとりおひとりの声で「福島第一原発事故は終わっていない」「放射能汚染はなくなっていない」という真実を世界に届けてください。
世界中どこからでも、誰もが参加できるこのアクションに、ぜひご参加とご協力をお願い致します。

※送信する前に確認して頂きたいこと ↓必ずお読みください。

<クリエイティブコモンズについて>
❶   「みんなのデータサイト」およびタイトルのクレジットを入れた形で、非営利目的に限り、どなたでも再配布が可能となります。
❷    このデータに、利用者が独自のデータや情報を付加し、新たなデータをつくるなど、改変して利用することも可能です。
❸    クリエイティブコモンズのマークを掲載することが条件となります。地図上に掲載されている出典なども削除することはできません。

※下記の丸で囲った部分は、マップおよびスケールと共に必ず使用してください。


⇒ご利用にあたり、上記に記載のある「クリエイティブ・コモンズの要件に従い利用する」ことをご理解いただいた方は、チェックボックスにチェックを入れて、ダウンロードページへお進みください

(8種類のファイルをダウンロードできます)

★日本語の2020年7月マップ(PDF・イラストレータ)
★英語の2020年7月マップ(PDFイラストレータ)
■日本語の100年マップ(PDFイラストレータ)
■英語の100年マップ(PDFイラストレータ)

*クリエイティブ・コモンズについて、より詳しくお知りになりたい方はこちら

『「図説」17都県放射能測定マップ+読み解き集 増補版』のご案内


これら2つのマップほか、232ページにわたり、福島原発事故による放射能汚染を、土壌、食品、放射能の基礎知識、の3章にまとめた 市民による自費出版本はこちら。

『「図説」17都県放射能測定マップ+読み解き集 増補版』について


朝日新聞に掲載いただきました

東京)原発事故の汚染めぐり語る 足立で市民団体の女性

 福島第一原発事故の汚染状況について学ぶ講座「あの時・いま・未来を知る ママ・パパに知ってほしい、放射能のお話会」が8日、東京都足立区で開かれ、「放射能測定マップ+読み解き集」を出版した市民団体「みんなのデータサイト」事務局の中村奈保子さんが「国が広範囲には測らないので市民が自分たちで測りました。心配なものは測ったり調べたりすることが大切」などと話した。

 こそだて喫茶cotoca主催。このマップは、延べ約4千人が都内や福島など17都県約3400カ所の土壌を採取・測定。専門家の助言を得つつ、放射能汚染度を示した。中村さんは「低線量被曝(ひばく)の影響は分かっていない。分かっていないから気をつけなければならない」とし、「今でも野生キノコや山菜は基準超のセシウムが検出されている地域がある。知って避けることで被曝(ひばく)を減らすことができると思う」と述べた。英語版も出版した。問い合わせは、データサイト事務局(minnanods@gmail.com)へ。

(記者:青木美希)

https://www.asahi.com/articles/ASN286QZQN28UTIL001.html?fbclid=IwAR03od_5nLveiM9tcnrclYZwM_2PiZvkynL7sbsUfK0Cb8FpQ3-FvvYUP1U