3ページ目

~9年目に入る3月11日によせて~

Photo by 中筋純 (C)suzy-j photographs


あれから8年が経過しました。

みんなのデータサイトは、当初全国に放射能測定室のネットワークを広げ、測定データを積み重ねることを大きな目標として2012年から活動をして来ました。
その結果、「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」においては、3年半をかけて全国のべ4,000人の皆様のご協力のもと17都県3,400ヶ所の土壌を採取・測定し、東北から関東にかけて広がった放射能汚染の実態をマップにして表現し、お伝えするまでとなりました。

昨年11月には、皆様の「解説を読みたい!」という大きな声に押されて、『「図説」17都県放射能測定マップ+読み解き集』の発行に至り、3ヶ月で16,000部を発行するまでになりました。
もっと早くこのマップ集が欲しかった、これを早く知っていればというお声も多数頂き、私達もそのように出来ていたら・・・と思っているところですが、8年を経過した今、これ程までにこの本を待っていてくださる方がいたとは正直想像できてはおらず、データサイトメンバー一同、いまだ驚きをもってマップ集の対応に追われている日々です。
言葉を換えれば、今ここに至ってなお、東京電力福島第一原発事故が起こした、いいえ、現在進行形の放射能汚染とは何なのか、どのような事象であるのかを問い続けてくださる皆様が全国各地にこんなにいらっしゃったことに、深く思いを致します。またこれまでの活動が決して無駄なものではなかったのだと、こちらが勇気づけられています。

一方、被災者・避難者の皆様の状況は、「復興」という美名のもとに裏に追いやられ、健康被害が明らかになったり、家や土地を失い、家族の分断や、近隣とのコミュニティを失うなど、計り知れないその苦境に、多くの方がいまだ深い悩みや痛みを抱えて暮らしていらっしゃいます。特に、経済的な困窮は厳しく、母子家庭や介護中の方、新しい土地で仕事がみつからないなど、住宅補償の打ち切りに伴って「復興」とは程遠い「貧困問題」へとステージは移りつつあります。
そんな中、データサイトのマップ集には何が出来るのか。。。

この書籍は、市民の力で放射能汚染の実態を科学的に把握することを目的に土壌の採取・測定を行ない、自分たちで解析を試みてつくりました。
ご自分の住んでいる場所の値を知り安心したいと土壌採取に参加した方もいらっしゃいますし、少しでも汚染の少ない場所を知り引っ越したいと考える方、高汚染の場所であるのに何の補償も得られず泣き寝入りさせられている方は訴訟の材料にと、マップ集を様々に活用して頂いていることが、伝わって来ています。
家族の間で口論になったり、近隣の方との考えの違いからつらい思いをされた方もあったでしょう。
それぞれ皆様のご事情が違いますので、活用方法も様々になるのだと承知しております。

どうか、その埋められなかった溝を埋めることに何らかの形でこのマップ集が役立つことができればと考えております。今回の放射能被害で撒かれた分断の種がひとつでも摘み取られ、争いの矛先の向きを変えるきっかけになればと思います。
私達は今後、様々な場面でこの放射能被害の実態について、科学リテラシーを問われる場面が発生すると予測しています。そんな時、市民の叡智を詰め込んだこのマップ集をご活用頂ければ幸いです。

そして今年、皆様の新たな後押しにより「英語版・マップ集」の作成に着手し、世界の皆様に情報発信をしていくことを宣言し、9年目の誓いと致します。

写真:写真家 中筋純さん 
撮影日:2018年7月22日 福島市庭坂付近
(図説17都県 放射能測定マップ+読み解き集 P.2-P.3「はじめに」に掲載させていただいている写真です)


【メディア掲載】3/10(2076号) 東京民報にカラーページで紹介されました


「原発事故8年 データ知り、伝えよう 放射能17都県のマップを出版 風化させず測り続け」
として、マップ集のこと、特にその中で東京都の地図や汚染解析の紹介、そして2月3日に開催した『福島の現実を伝える4冊合同出版発表会』の模様も取り上げていただいています。
東京都内の測定室として、「ラボ・アスナロ」(板橋区)牛崎さん、ちょうふ市民放射能測定室の藤川さんのコメントも掲載しています。 これらの測定室ではマップ集を直接買うこともできます。ちょうふは自然食や無農薬野菜を使った食堂をやっていますし、アスナロは衣類や手作りの雑貨など掘り出し物のフリマもやっています(この売り上げが福島の子どもたちの保養の費用に充てられます)
お近くの方は、ぜひ、足をお運びいただければ嬉しいです。

テキストは公開出来ないため、イメージを掲載致します。


【メディア掲載】夕刊フジ(3月6日号)the情報源に掲載されました


夕刊フジ「The情報源」に『放射能汚染をより深く知るための必読の一冊』としてカラーページで大きくマップ集を取り上げていただきました!
 
男性読者が多いので、アウトドアを意識して灰のことなども取り上げていただきました。
夕刊ということで、売っている時間が短かく、すぐに売り切れてしまったという声も聞いています。
バックナンバーを発見しましたらぜひご覧くださいませ。


【メディア掲載】2月28日発売「BIG ISSUE」日本版354号に掲載されました

特集:耳をすまし 目をこらして 伝え続ける―9年目のふくしま


まる8年経った福島第一原発事故。今年も、福島在住のジャーナリストによる現場からのレポートです。
米国生まれの詩人であるアーサー・ビナードさんに「福島への思い、放射能をテーマに制作中の“紙芝居”」などを中心に聞きました。お話はヒロシマ、人間の生き方へも……。また、4千人のボランティアが測定に参加し、放射能汚染の今を一目瞭然にした『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集』。その出版の経緯と内容を取材。日本の市民の活動の実力とレベルを国際的にも見てもらえるものになっています。さらに、3.11後、福島の日常風景を撮影し続け、67万枚の写真を撮った赤城修司さんを紹介。
9年目へ。目に見えない放射能と静かに向き合って生きる人々の姿とは?

※文・写真╱藍原寛子 大越章子(福島在住ジャーナリスト) デザイン╱日々の新聞社

目に見えない同調圧力を撮る
赤城修司さん

未来のために
アーサー・ビナードさん

反響を呼ぶ『17 都県放射能測定マップ』
みんなのデータサイト
--------------------------------------------------------------------------

3ページに渡って、マップ集の紹介と、執筆に関わった以下の測定室および事務局のインタビューをまとめていただいています。
以下、写真部分を中心に一部ご紹介します。


 反響を呼ぶ「17都県放射能測定マップ」

・Cラボ(名古屋市) 大沼淳一・章子

・ふくしま30年プロジェクト(福島市) 清水義広・阿部浩美 

・てとてと(宮城県大河原町)北村保・みどり

・事務局 小山貴弓 中村奈保子

・あがのラボ 村上直行(新潟県阿賀野市)


354号について詳細はこちら:https://www.bigissue.jp/backnumber/354/
全国の大きな駅頭などで販売(入手可能な場所の案内も載っています)


*ビッグイシューは市民が市民自身で仕事、「働く場」をつくる試みです。2003年9月、質の高い雑誌をつくりホームレスの人の独占販売事業とすることで、ホームレス問題の解決に挑戦しました。ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。ビッグイシューの原型は1991年にロンドンで生まれました。
ビッグイシューについて詳しくはこちら:https://www.bigissue.jp/about/


【3/13・埼玉】勉強会のご案内 なぜ話しにくいの?原発災害~原子力防災をタブーにしないために~


3月13日(水)10~12時森の測定室にて勉強会をします。
放射能のことを語るときに、ためらってしまう状況ってよくあることだと思います。そうさせるのはなぜなのか。国家保障が専門で性差別、ジェンダー分野にも精通している清水奈名子先生をお呼びして、そこに何があるのか、迫りたいと思います。
---------------------------------
3.11以降に避難された母子に寄り添ってきた研究者、清水奈名子さんを招いて、原子力防災について考える会です。

平成31年3月13日(水)10時から12時
森の測定室・滑川(埼玉県比企郡滑川町山田2067-1)

参加費としておひとり1,000円(手作りお稲荷さんと豚汁付、要申し込み、定員25名)

お問合せとお申し込み 080-5487-5431(ふくい)