4ページ目 | お知らせ

【新年のご挨拶と 書籍発行部数1万部達成のお礼】


【新年のご挨拶と 書籍発行部数1万部達成のお礼】
皆様、明けましておめでとうございます。
昨年はたくさんの方の応援・ご協力で、全国30の参加測定室の悲願であった6年間の集大成『「図説」17都県放射能測定マップ+読み解き集』を1年がかりで製作・発行することが出来ました。この場を借りてお礼申し上げます。
また、発行後は想像もしなかった大反響を頂き、年末にさらに5,000部の増刷発注をかけさせて頂く運びとなり、これで11,000部を刷ることになりました。
多くの皆様が放射能のことを気に掛け、実態を知りたいというお気持ちを持ち続けてくださっていたことに、みんなのデータサイト一同、あらためてその役割を深く認識した次第です。
今年は、さらにひとりでも多くの方にこの本を届け、内容を理解して頂きたく、「読み解き講座」の実施に力を入れてまいりますので、是非データサイトを呼んで頂ければと思っております。この講座実施につきましては、頂いている助成金を活用することが可能ですので、費用のご心配なくお声がけ頂ければと存じます。
https://minnanods.net/map-book/contact/
決定した「読み解き講座」は公開してご案内する予定です。
そして、現在、昨年実施したクラウドファンディングの際にお約束した避難者の方へマップ集約300冊をお届けするための準備を継続しております。皆様から頂いたメッセージをマップ集に付け、全国に等しくお届けするために、関係団体・代表者の皆様にご尽力を頂いております。
1月中のお届けを目指して準備しておりますので、もうしばらくお時間を頂ければと存じます(お届け先は、お届け後発表します)。
少し後になりますが、2月には、イベントを交えたちょっと変わった出版記者会見をしようと準備中です。
乞うご期待! お楽しみに!!
東電福島原発事故、放射能汚染を「なかったことにさせない」ための様々な市民活動は、これまでずっと苦戦を強いられて来ており、心が折れそうになることもしばしばだったと思います。でも、8年目となっても、市民がつくった放射能の本が大型書店や図書館に並ぶ、各地の新聞や雑誌で取り上げられるという社会現象を起こすことが出来た意味は、大変大きいと感じます。
科学リテラシーを高め、市民科学で放射能汚染を論じるという観点で今こそ勝負を挑めると考えていますので、マップ集を存分にご活用頂ければと思います。
今年も共に頑張ってまいりましょう。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
みんなのデータサイト事務局長 小山貴弓
*『「図説」17都県放射能測定マップ+読み解き集』の詳細・購入方法はこちらから
https://minnanods.net/map-book/

【メディア掲載】東京新聞・夕刊1面 2018年12月22日

2018年12月22日の東京新聞・夕刊の1面に大きく
図説17都県・放射能測定マップ+読み解き集が紹介されました。

 


ウェブ版では「こちら原発取材班」に、マップ集の概要を紹介する動画も含めたより詳しい記事が掲載されています!
ぜひご一読ください
http://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/886

なお、マップ集はこちらから購入できます。
通販ショップ→ https://minnanods.thebase.in/





【マップ+読み解き集】大反響につき、3,000部の増刷(第2版)が完成! 発送を再開します

大反響で売り切れとなり、お待たせしてすみません!
発送体制も今のままでは注文数に対応できずお待たせする期間が長くなってしまっていたため、今回の増刷に合わせて、発送体制を強化して全国に複数拠点をおくことも話し合って決めました。
そして、発送場所の中で一番早く、埼玉の「森の測定室 滑川」に本日第2刷の700冊が届きました!
明日、ここ埼玉から、ご予約をいただいている方へ発送を再開します。
12月7日にご注文いただいた方以降が欠品となり、お待ちいただいている状態です。順番にお届けしますので、もうしばらくお待ちください。

●これからご注文いただく方へ●
こちらのネットショップから購入できます。
https://minnanods.thebase.in/

*年内のお届けは、12月26日のお申し込み・決済完了分までとさせていただきます。 ギリギリでご注文が殺到するとご要望に答えられない可能性もあります。どうぞお早めにお申し込みください。